刑事事件

刑事事件のお悩みは弁護士にご相談を

  • ・身内が警察に逮捕・勾留されてしまった。どうすればよいのか。
  • ・警察に勾留されている。なんとか釈放されないか。
  • ・勾留中だが1年に1度の大事な試験があるので、その間だけでも釈放できないか。
  • ・起訴されてしまった。少しでも刑が軽くなるための弁護をしてもらえないか。
  • ・出頭しなければ警察が会社に来ると行っているが、どうすればいいか。

専門性と実績のある弁護士が早期に解決します

刑事事件は、逮捕後や勾留後に限られた時間の中で、どれだけ素早く弁護士が身柄解放のために行動できるが重要となります。

地位や学歴、収入にかかわらず、誰だって罪を犯してしまう可能性があります。いざ罪を犯し逮捕されてしまった場合、その人が相手にするのは警察や検察といった強大な国家権力です。被疑者が弁解したとしても捜査機関がきちんと耳を傾けることは期待できません。
彼らは、嫌疑のある被疑者を徹底的に調べあげて有罪の証拠をなんとか得ようという偏った姿勢で取調べを行うからです。
そのような困難な立場に置かれた被疑者には、憲法や法律で認められた権利の内容をきちんと理解したり、不必要な身柄拘束から釈放されるために弁護士が必要だと考えています。

刑事事件は、逮捕後や勾留後に限られた時間の中で、どれだけ素早く弁護士が身柄解放のために行動できるが重要となりますので、気兼ねなくご相談ください。

費用はわかりやすく、ご相談にのります

相談料は30分5,000円(税別)、費用の目安は、着手金は30万円〜(税別)、報酬金は30万円〜(税別)です。
料金や支払い方法は、依頼者様の経済状況に合わせて相談に応じますので、まずは一度ご相談ください。

日常で起こるお悩みや不安は

まずは一度、田村良平法律事務所へ
お気軽にご相談ください